妊娠中のDHAサプリ摂取はアリ?それともナシ?

妊娠中に必要な栄養素を摂取するためにいろいろなサプリメントが販売されています。葉酸サプリ以外にも注目されているDHAサプリについて紹介しています。

妊活におすすめの漢方薬

漢方は体質改善という形で妊活を助け、医薬品を使うよりも体への負担が少ないです。

医師が脈診や腹診、舌診などを通して体質を見極め、その人に合った種類を選びます。

よって妊活中におすすめの漢方は、その人の弱い部分によって決まります。

血液が少ない「血虚」の場合は、当帰芍薬散が適しています。

このタイプは偏食やストレスなどで血液を作る栄養が不足し、めまいや目の疲れなどの症状があります。

 

また月経の量が少ないという特徴もあります。

気が足りない「気虚」では補中益気湯や麦味参顆粒が処方されます。

過労によってエネルギーが不足しておい、倦怠感や下痢、不正出血があります。

運動不足などが原因で、血が足りない人は桂枝茯苓丸がおすすめです。

日常的に肩こりや頭痛があり、生理痛がひどくレバーのような塊の経血が出る人向けです。

「気滞」の人は、ストレスが原因で自律神経が乱れています。

逍遥丸を服用することで、不安定な精神や乳房の張りを改善します。

 

そして精力減退の「腎虚」では、八味地黄丸や六味地黄丸が適しています。

腎とは暴行や耳、歯、骨など生命のエネルギーを支える場所とされ、この機能が低下すると頻尿や残尿感、耳鳴りなどの症状が現れます。

妊娠を妨げている原因は人それぞれなので、まずは原因を特定することが大切です。

先天的な体質を変えるのは難しいですが、誤った生活習慣によって後天的に作られた体質は、漢方薬を中長期的に飲むことで変えることができます。