妊娠中のDHAサプリ摂取はアリ?それともナシ?

妊娠中に必要な栄養素を摂取するためにいろいろなサプリメントが販売されています。葉酸サプリ以外にも注目されているDHAサプリについて紹介しています。

妊活中にお酒を飲んだらダメな理由

「酒は百薬の長」ともいわれており、お酒は適量ならばストレス解消に力を貸してくれますし、健康にもよいという説も少なくありません。

とはいえ、妊娠しているときの飲酒はお腹の赤ちゃん(胎児)の成長に悪影響を及ぼす懸念から控えるべきとの見解がなされています。

これはなぜかというと、母親が飲酒するとへその緒でつながっている胎児に血流を通じてアルコールが流れ込んでしまいます。

肝機能が未発達な胎児にアルコールが蓄積されると、流産や低身長・発達障害・奇形など先天的な異常が生じるリスクが高まるといわれています。

 

では妊娠する前、妊活中の女性がお酒を飲むことよる害はあるのでしょうか。

現実には飲酒を続けていても妊娠する人はしますし、節制していてもなかなか妊娠できない人も少なくないので必ずしも不妊と飲酒の因果関係はあるわけではないでしょう。

しかし、本気で妊活をしているのならば禁酒することをお勧めします。

これは妊娠がわかる前の時期(妊娠0~4週)の飲酒でもアルコールによって胎児の生育に悪影響が生じるリスクがあるためです。

妊娠を目指して夜の営みを続けているときにはいつ妊娠してもおかしくない状況なので、知らず知らずのうちに妊娠している可能性もゼロではありません。

こうした時期に飲酒によってアルコールを体内に取り入れると、受精卵が子宮に着床したばかりでこれから大きくなろうとする胎児の邪魔をすることになるので、当然、元気な赤ちゃんを産める可能性は下がることになります。

 

とはいえ、妊活中は女性にとって大きなストレスがかかる期間なので、完全に禁酒するとストレスでかえって妊娠しにくい体になってしまう場合もあります。

生理がきた後など妊娠している可能性が低いときを狙って適度な量のお酒を飲むなどメリハリをつけて無理なく妊活を続けていくことが大切です。